powerd by 楽市360

大学受験の偏差値は予備校の作った大迷信!?

偏差値というのは、その模擬試験の受験者の平均学力によって大きく上下します。
したがいまして、異なる模擬試験の偏差値を比較することはできません。
また高校1年の時点で、成績の良い生徒がどちらかというと理系を選択する場合が多く傾向があり、文系と比べて理系の平均点(偏差値50に相当)が高くなる傾向があります。
ですので、平均点の異なる理系と文系は、単純に比較はできないのです。

さらに、大学の入学試験の受験科目は各大学により異なっており、受験科目が少ない大学ほど、一般的に実質的な入試難易度が下がるといわれています。
それにも係わらず、そういった大学のほうが偏差値が上がってしまうと考えられていますが、実際はそうではないようです。
大学が入学試験の受験科目数を増やして偏差値が上がるケースや、受験科目を減らして下がるケースも多いため、一概にはいえません。このことはあまり関係性は無いとされています。

また、入学辞退率が高い私立大学の偏差値が、見かけ上高くなると考えられています。
したがって、同じ偏差値の大学であれば、国立大学の方が私立大学よりも入学者の学力が高い傾向があります。
過去の模擬試験などでは、合格可能性60%ラインなど条件付の偏差値を表示していたものもあり、見かけ上高くならないよう配慮したものもあったようです。
現在では、もはや大学受験においての偏差値とは、予備校の作った大迷信であるという声まで聞かれています。


posted by 中学受験偏差値 at 00:00 | 中学受験偏差値

【中学受験】ベテラン塾講師が教える成績アップのための10の秘訣

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。