powerd by 楽市360

中学受験と偏差値

受験における偏差値、すなわち、学力偏差値は、もともとは高校受験のためにどれくらいの合格の確率があるか、つまり合格の可能性をはかることを目的に考えられましたが、現在偏差値は、私立中学受験や大学受験など多方面で広く使われています。

高校受験の場合、今はほとんどの生徒が高校へ進学する時代であり、中学卒業者の約97%が高校を受験します。
したがって、偏差値を判定するための母集団は、ほとんどの中学生ということになりますので、その結果母集団の数が大きくなり、高校入試問題も標準的な問題が多いことから、偏差値を用いて合格水準を調べることは有効といえます。

それに対して、中学は義務教育でほとんどが学区の公立中学校へ自動的に進学し、私立中学を受験するのは、小学生のうちごく一部分の生徒です。
しかも、中学受験をする小学生は、平均より学力の高い受験生です。
そのため、中学受験時の偏差値のほうが、高校受験時の偏差値より低い傾向があります。
また、中学受験の場合、中学校が独自に実施するので、受験する中学によって入学試験問題の内容がかなり異なっているのが特徴です。

このように、中学によって難易度や出題範囲が異なるため、中学受験には偏差値で合格を判定するのは適していないとも言われています。
受験する私立中学の入試問題を分析して、それに合った勉強方法をすることが賢明です。


posted by 中学受験偏差値 at 00:00 | 中学受験偏差値

【中学受験】ベテラン塾講師が教える成績アップのための10の秘訣

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。