powerd by 楽市360

中学受験で偏差値が使われますが、では偏差値とは

偏差値とは、ある数値が母集団の中でどれくらいの位置にいるかを表した無次元の数字です。平均値は、偏差値50となります。
一般に、偏差値と呼んでいるのは、学力偏差値のことを指す場合多く、学力偏差値とは、学力試験の結果を偏差値に換算したものです。

母集団とは、ある統計をとる場合に、その要素の集合体のことをいいます。
したがいまして、学力偏差値でいうところの母集団とは、中学受験の場合でしたら、私立中学受験をする小学生(受験生)ということになります。

中学受験や高校受験、大学受験などの入学試験において、合格の可能性を表すものとして偏差値が広く使われています。
この偏差値は、学習塾や予備校が全国的に中学受験、高校受験、大学受験の受験生に対して行っている模試(模擬試験)などで判定されます。

偏差値を求める式は、
偏差値=(得点−平均点)×10/標準偏差+50
となります。
この式のなかの標準偏差とは、統計値などの散らばり具合を表す数値です。

例えば、私立中学受験をする小学6年生の、中学受験生を対象にした模試などのテストの得点(点数)が平均点であった場合は、偏差値は50となります。
ですので、偏差値が50の中学受験生は、中学受験生という集合体のなかでは学力が平均レベルということになります。


posted by 中学受験偏差値 at 00:00 | 中学受験偏差値

【中学受験】ベテラン塾講師が教える成績アップのための10の秘訣

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。