powerd by 楽市360

中学受験における2種類の偏差値

私立中学受験においては、2種類の偏差値があるといわれています。
一般に、「80%偏差値」と「50%偏差値」と呼ばれています。
80%偏差値とは、合格可能性が80%の偏差値で、50%偏差値とは合格可能性が50%の偏差値です。

では、ここで80%偏差値および50%偏差値の具体例を出してみて、私立中学受験の偏差値について検証してみましょう。

例えば、私立A中学の80%偏差値が60で50%偏差値が55、私立B中学の80%偏差値が60で50%偏差値が52とした場合について考えてみます。
A中学もB中学も、80%偏差値は同じ値(上の例では60)となっていますので、受験においては同じ難易度と考えられます。
しかし、私立中学の間で50%偏差値に違いがある場合、50%偏差値の低いB中学のほうが合格しやすいということを意味しております。

私立中学受験の偏差値においては、合格可能性が80%の偏差値、いわゆる「80%偏差値」ばかりに注目しがちですが、合格可能性が50%の偏差値、いわゆる「50%偏差値」を見ることによって、その中学の実質的な受験の難易度を考えることができるといわれています。
posted by 中学受験偏差値 at 00:00 | 中学受験偏差値

中学の成績に偏差値が使われない理由

中学や高校の受験には偏差値は必ずといっていいほど出てきます。A中学の偏差値はいくつだとか、B中学の偏差値の方がC中学の偏差値より高いとか・・・など。
しかし、小学校や中学校など学校のテスト、成績では偏差値は使われているなんて聞いたことがありませんね。

では、どうして中学校など学校の成績には偏差値は使われないのでしょうか。
平均値や標準偏差(統計値などの散らばり具合を表す数値)は、例えば中学受験のための模擬試験の点数やその試験を受験した人数にたいへん大きく依存する傾向があります。
つまり、試験を受けた人数が10人だけの試験よりも、受験者数が1000人の試験の方が、平均値も標準偏差もより信頼できる値といえます。
例えて言えば、ある料理を10人がおいしいというよりも、1000人に食べてもらった方が本当にその料理がおいしいかどうかの判断ができ、信頼できる結果といえますね。

したがいまして、学校で偏差値を使用しないのは、小学校や中学校の学校ではまず人数があまり多くないので信頼できる偏差値の数値ではないということが挙げられます。
そして、中学校の中間テストや期末テストなどの定期試験は、学年順位は付けられますが、どちらかというと授業内容を理解したかどうかを試すものであって、その試験自体が受験合格者を選抜するために行うのではありませんので、偏差値を計算して比較する必要がないのですね。
posted by 中学受験偏差値 at 00:00 | 中学受験偏差値

中学受験と偏差値

受験における偏差値、すなわち、学力偏差値は、もともとは高校受験のためにどれくらいの合格の確率があるか、つまり合格の可能性をはかることを目的に考えられましたが、現在偏差値は、私立中学受験や大学受験など多方面で広く使われています。

高校受験の場合、今はほとんどの生徒が高校へ進学する時代であり、中学卒業者の約97%が高校を受験します。
したがって、偏差値を判定するための母集団は、ほとんどの中学生ということになりますので、その結果母集団の数が大きくなり、高校入試問題も標準的な問題が多いことから、偏差値を用いて合格水準を調べることは有効といえます。

それに対して、中学は義務教育でほとんどが学区の公立中学校へ自動的に進学し、私立中学を受験するのは、小学生のうちごく一部分の生徒です。
しかも、中学受験をする小学生は、平均より学力の高い受験生です。
そのため、中学受験時の偏差値のほうが、高校受験時の偏差値より低い傾向があります。
また、中学受験の場合、中学校が独自に実施するので、受験する中学によって入学試験問題の内容がかなり異なっているのが特徴です。

このように、中学によって難易度や出題範囲が異なるため、中学受験には偏差値で合格を判定するのは適していないとも言われています。
受験する私立中学の入試問題を分析して、それに合った勉強方法をすることが賢明です。
posted by 中学受験偏差値 at 00:00 | 中学受験偏差値

大学受験の偏差値は予備校の作った大迷信!?

偏差値というのは、その模擬試験の受験者の平均学力によって大きく上下します。
したがいまして、異なる模擬試験の偏差値を比較することはできません。
また高校1年の時点で、成績の良い生徒がどちらかというと理系を選択する場合が多く傾向があり、文系と比べて理系の平均点(偏差値50に相当)が高くなる傾向があります。
ですので、平均点の異なる理系と文系は、単純に比較はできないのです。

さらに、大学の入学試験の受験科目は各大学により異なっており、受験科目が少ない大学ほど、一般的に実質的な入試難易度が下がるといわれています。
それにも係わらず、そういった大学のほうが偏差値が上がってしまうと考えられていますが、実際はそうではないようです。
大学が入学試験の受験科目数を増やして偏差値が上がるケースや、受験科目を減らして下がるケースも多いため、一概にはいえません。このことはあまり関係性は無いとされています。

また、入学辞退率が高い私立大学の偏差値が、見かけ上高くなると考えられています。
したがって、同じ偏差値の大学であれば、国立大学の方が私立大学よりも入学者の学力が高い傾向があります。
過去の模擬試験などでは、合格可能性60%ラインなど条件付の偏差値を表示していたものもあり、見かけ上高くならないよう配慮したものもあったようです。
現在では、もはや大学受験においての偏差値とは、予備校の作った大迷信であるという声まで聞かれています。
posted by 中学受験偏差値 at 00:00 | 中学受験偏差値

大学受験における偏差値

中学受験における偏差値に対して、大学受験における偏差値は、どうのような役割をになっているのでしょうか。

偏差値導入初期〜昭和末期には大学進学率自体が低く、平均的模擬試験受験者の学力水準も現在と比較して高かったため、偏差値50程度の学生でも現在でいう有名大学に進学できました。当時は東大でさえ、偏差値60程度といわれています。
しかし、現在においては大学進学率の飛躍的向上とともに、低学力層の模擬試験受験が増加し、その結果として従来と同じ大学に入学するために要求される偏差値が高く出る傾向にあります。おおむね、現在の有名予備校の偏差値65は昭和時代の偏差値55程度であるといわれています。
ただし、近年は少子化に伴う志願者の減少のため、中位ランクの大学を中心に偏差値が下落している傾向にあります。

なお、偏差値というのは受験者の平均成績に対してどの程度離れているかを表す数値であるため、平均点が低く、多くの受験生の得点がその付近に集中しているというようなテストで高得点を取った場合には、偏差値が100を超えることもまれにですが起こります。一般には、75を上回ったり25を下回るのはまずないと思っていいでしょう。
posted by 中学受験偏差値 at 00:00 | 中学受験偏差値

高校受験のおける偏差値

中学受験における偏差値に対して、高校受験における偏差値は、どうのような役割をになっているのでしょうか。

高校受験では、教師の桑田昭三が受験生にどれくらいの合格確率があるかを、ある模擬テストによる点数や順位よりも正確に判断するため、独自の研究により「偏差値」を編み出したといわれています。以後、かなり広く使われるようになり、教育現場では重宝されていました。しかし1980年代になって「偏差値」=「その生徒の存在価値」かのような位置づけとして悪用をされ、教育委員会等で問題となってしまいました。開発者の桑田昭三は偏差値が悪者扱いされてしまったことを心底残念に思っているそうです。

やがて文部大臣鳩山邦夫や文部官僚寺脇研の提案により、公立中学校での進路指導時に使うことが禁止され、ほぼ同時期に一斉業者テストも廃止されました。
廃止前は、実業系高校志望者を「君は偏差値が高いから」などと半強制的に普通高校志望に変えさせたりするなど、偏差値輪切り指導が行なわれていたという問題がありましたが、逆に廃止後は志望校の合格可能性が分かりにくくなり、結局は偏差値指導に制限のない塾などに進学指導を頼る傾向が出てきてしまいました。
posted by 中学受験偏差値 at 00:00 | 中学受験偏差値

中学受験で偏差値が使われますが、では偏差値とは

偏差値とは、ある数値が母集団の中でどれくらいの位置にいるかを表した無次元の数字です。平均値は、偏差値50となります。
一般に、偏差値と呼んでいるのは、学力偏差値のことを指す場合多く、学力偏差値とは、学力試験の結果を偏差値に換算したものです。

母集団とは、ある統計をとる場合に、その要素の集合体のことをいいます。
したがいまして、学力偏差値でいうところの母集団とは、中学受験の場合でしたら、私立中学受験をする小学生(受験生)ということになります。

中学受験や高校受験、大学受験などの入学試験において、合格の可能性を表すものとして偏差値が広く使われています。
この偏差値は、学習塾や予備校が全国的に中学受験、高校受験、大学受験の受験生に対して行っている模試(模擬試験)などで判定されます。

偏差値を求める式は、
偏差値=(得点−平均点)×10/標準偏差+50
となります。
この式のなかの標準偏差とは、統計値などの散らばり具合を表す数値です。

例えば、私立中学受験をする小学6年生の、中学受験生を対象にした模試などのテストの得点(点数)が平均点であった場合は、偏差値は50となります。
ですので、偏差値が50の中学受験生は、中学受験生という集合体のなかでは学力が平均レベルということになります。
posted by 中学受験偏差値 at 00:00 | 中学受験偏差値

【中学受験】ベテラン塾講師が教える成績アップのための10の秘訣

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。